FC2ブログ

武田二胡教室ブログ ~初心者や行き詰ってきた人たちへ~

スマホの方のお問い合わせフォームはページ下から

二胡マイク比較 【SM58 SM57 編】

この記事を読む前に使用機材編にも目を通して頂けたらと思います。

 

今回はSHUREの定番マイク。SM58SM57で録音した音をご紹介したいと思います。

sm58.jpg sm57.jpg

 

音の流れは「D調の五声音階2オクターブ →開放弦のDとAの音」という順番で録音してます。

開放弦の音には音の強弱を極端につけておりますが、これはダイナミクスを確認する為です。

それでは実際に聴き比べてみてください。

 

ボーカル用ダイナミックマイクSM58

 

楽器用ダイナミックマイクSM57


次に先ほどの音にエフェクトをかけたものを用意しました。使用エフェクトはリバーブ、ディレイ、コンプレッサー(ゲインリダクション-3dbほど)になります。

 

SM58の音にエフェクトをかけたもの


SM57の音にエフェクトをかけたもの

 

個人的な感想になりますが、SM58の方は中音域の部分が多めにでるので音が柔らかめ、悪く言えば特定の飛び出た中音域(二胡の場合Bの音等)が少しもわっとしてしまう。

 

SM57はSM58の軸が中音域なら、やや高音域の方に軸がある感じがします。中域が少しすっきりしていて中高音がいい感じにでてる気がします。二胡の音色の場合、悪く言えば音が少し硬い感じになる。高音に関してはどちらも同じような感じででてると思います。

 

どちらの音色がよいかは好みだと思いますが、どのマイクを買おうかって悩んでる方の参考になればと思います。(両方買って曲の雰囲気によって使い分けるのもあり)

 

今回使用したマイク

SM58 SM57

 

ちなみにマイク比較まだまだ続きます。乞うご期待!

二胡 マイク 比較 レビュー おすすめ shure シュアー sm58 sm57 ダイナミック

二胡マイク比較 【使用機材編】

二胡に使用するマイク選びに悩んでいる方の参考になるかと思い、自分が所有しているマイクの範囲ですが音色の比較ができるよう録音した音を用意したので数回にわけて紹介していきます。

 

ただ、マイクは組み合わせる機材(スピーカーやミキサー等)や使い方によってどれくらい性能を引き出せるかが変わってきます。メーカー指定の機材以外でのレビューになってしまいますが、あくまでも参考までということでお願いします。

 

それでは録音環境をざっくり紹介しておきます。

 

マイク → オーディオインターフェイス → パソコン

 

という感じです。(びっくりするほどざっくり)

マイクの音をパソコンに送るのにほぼ必須のオーディオインターフェイスという機材。僕が使用しているのはRolandの「DUO-CAPTURE EX UA-22」。

 

   


 こいつをマイクとパソコンの間に挟んで録音しますが、それらを制御するためのソフトが必要です。そして僕が使ってるのはインターネット社「ABILITY」という国産DAW。録音のみならず作曲初心者の人にも優しい機能が盛りだくさんなので、作曲にも挑戦したいって人は色々おまけがついてくるのでおすすめ!



マイキングについては楽器の共鳴胴から8cmほど離れたところから録りました。

詳しくはこちらの記事から。

 

ということで次回から順次紹介していこうと思います。

次回はSHUREのSM58とSM57編。乞うご期待!

二胡 マイク 比較 レビュー 録音 daw

二胡のマイク位置について

唐突に二胡のマイキングについて語りたいと思います。

音響の世界においてこれをやればどんな時も絶対に正解ってことはあんまりないと思いますが、音響機器を使って演奏活動されている方々の参考になればと今回の記事を書こうと思いたったしだいでございますなんてええやつや…。

 

とりあえず僕が普段どこにマイクを向けているか写真をご覧ください。

IMG_0428.jpg

 

近っ!って思った方もおられたと思いますが。知り合いの天才音楽家「仙九郎」氏のアドバイスを受けて最近ではこれくらいの距離(5~8cmくらい)で録る様にしてます。(いわゆるオンマイク)

 

理屈としては「楽器からでるおいしい情報量はできるだけ多く録り込むこと」だと思います。

ということはまず共鳴胴の中を狙うのは必須(例外あり)。そして楽器からマイクが離れれば離れるほど楽器の情報(ダイナミクスなども)量は失われるということです。

 

で、録り込んだ情報をミキサー(マイクから入った情報をまとめる機材)などに送るわけですが、近づけすぎることによって楽器の雑味も入ってくると思いますので、耳障りな音が立ち上がり過ぎない程度に機材側で入ってきた情報をブースト(ゲインなどで)してあげましょう。(結局このバランス調整が難しい。)

 

今回はマイキングの話でしたが、次回から僕が持っているマイクで実際に録音した音と合わせて、マイクごとのキャラクター性の違いなんかをレビューしていきたいと思います。 完

二胡 マイク 位置 マイキング 音響 pa 機材 仙九郎 二胡教室