FC2ブログ

武田二胡教室ブログ ~初心者や行き詰ってきた人たちへ~

スマホの方のお問い合わせフォームはページ下から

【e935 e945 編】二胡マイク比較

今回は個人的に一番のお気に入りマイク。SENNHEISER(ゼンハイザー)e935e945を比較していきたいと思います。

使用機材編 SM58_SM57編 BETA57A_OM3編 V67G_CM5編 も合わせて見てね。

 

それではいったいどんなナリをしてるのかご紹介します。

 

e935

e935.jpg

 

e945

e945.jpg

 

はい、間違い探しかってくらい見た目そっくりですね。実はe945の方がちょっとだけヘッドの部分が長いんです。

それはさておきさっそく聴き比べていきましょう。

今回も音の流れは「D調の五声音階2オクターブ →開放弦のDとAの音(ダイナミクス強め)」という順番で録音してます。

 

エフェクトなし

 

e935

e945

 

 

エフェクトあり

使用エフェクトはリバーブ、ディレイ、コンプレッサー(ゲインリダクション-3dbほど)

 

e935

e945

 

それでは独断と偏見にまみれまくった感想をぬかしまくりたいと思います。

【e935】

二胡のおいしい中域から中高域の部分にバチッとハマる感じ。中域のおいしい部分をしっかり出そうとすると音が渋滞してモワモワしやすいんですがこのマイクは違う!「出てほしい所だけだして出てほしくないところは引っ込めるワガママボディ」のようなマイクだと感じました。少し捕捉すると、出すぎる部分は一般的に求められるであろう範囲に自動的にバランスを取ってくれるのにダイナミクス(音の強弱)もしっかり表現できるという贅沢ぶり。

【e945】

同じメーカーなので大分e935と似てる性能をしておりますが、こちらのマイクはe935の良さを残しつつ高域を特化させたような感じ。高域の感度が高いので少し音にキラメキがでます。そういう音が欲しい人はこちらのマイクを選べばいいのではないでしょうか。ちょっと捕捉すると、e935より中域の軸が若干高域寄りになってますので微妙に色が違います。どちらがいいかは楽器のもつ色と好みになりますが、この記事が何かの参考になればと思います。ちなみに僕の楽器は黒檀の二胡です。

 

さぁ!気になるお値段は?!

e935e945

SENNHEISER ゼンハイザー e935 e945 二胡 マイク レビュー 比較

【V67G CM5 編】二胡マイク比較

前回に引き続き、僕が所有している二胡用に買ったマイクを比較していきたいと思います。

使用機材 編  BETA57A OM3 編 SM58 SM57 編 も合わせて見てね。

 

それでは今回のマイクはこちら!

 

MXLのコンデンサーマイク V67G

MXL_V67G.jpg

 

CLASSIC PROのダイナミックマイク CM5なんと\1,080)

cm5s.jpg

 

比較の前にコンデンサーとダイナミックマイクについて雑に説明しておきます。

【コンデンサーマイク】

使用するのにファンタム電源という電源が必要で、すごく繊細な音が録れるけど湿気や振動に弱くライブなどには向かない。真価を発揮するにはちゃんとした録音環境が必要。

【ダイナミックマイク】

コンデンサーと違いファンタム電源は不要で、コンデンサーほど繊細に音は録れないけど湿気や振動に強いのでライブなどでも大活躍。

 

どちらもマイクの質やケースバイケースなのでどっちがいいとは言えませんが、少しでも比較音源が役に立てばと思います。

 

それでは聴き比べていきます。

今回も音の流れは「D調の五声音階2オクターブ →開放弦のDとAの音(ダイナミクス強め)」という順番で録音してます。

 

エフェクトなし

 

V67G

CM5

 

エフェクトあり

使用エフェクトはリバーブ、ディレイ、コンプレッサー(ゲインリダクション-3dbほど)

V67G

CM5

 

それでは僕の個人的な感想をぬかしていきます。

【V67G】

コンデンサーマイクの中でもかなり低価格なのにも係らず、全体の音域をすごくフラットに録ってくれる上に、流石コンデンサー、音の余韻部分などの減衰した音もしっかり録れています。全体的にフラットに録ってくれるのでEQ(イコライザー)処理もやりやすい感じ。

【CM5】

CLASSIC PROという音響機器を購入したことがある人なら大概の人が利用したことのあるサウンドハウスさんプロデュースの製品。自社ブランドだから実現できる驚きの\1,080(税抜)マイク。中高域くらいに軸が置かれている感じで、もわもわしやすい中低域から中域くらいがすっきりしているので扱いやすいと思います。二胡の場合少し硬めの中華っぽい音が欲しい場合はうまくハマるかもしれません。これが千円程度で手に入るとは驚き!

 

今回使用したマイク

V67G


V67G-HE(オプション付)-サウンドハウス

MXL_V67G.jpg

CM5 S(スイッチ付)-サウンドハウス

cm5s.jpg


二胡 マイク v67g cm5 mxl CLASSIPRO クラシックプロ 比較 レビュー